セクシャルマイノリティ、同性愛者、LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー(性同一性障害(FTM,MTF))の法務相談

レインボーサポートネットTOP
料金・報酬額
RSNメンバー
お問い合わせメールフォーム


レインボーサポートネットより

悩みごとがある方へ
悩み・トラブル・不安
パートナーを守るために
RSN紹介・メンバー
料金(報酬額)のご案内
メールフォーム
プライバシーポリシー



パートナー契約サポート

パートナー契約
パートナー契約の必要性
パートナー契約書の作成
パートナー契約の内容
公正証書とは
契約の始まりから終わり
介護や療養看護の条項



養子縁組サポート

養子縁組の形・要件・効果
メリット・デメリット



遺言書作成サービス

パートナーのための遺言書
遺言の基礎知識
公正証書遺言とは
遺留分にご注意



カミングアウト支援

支援サービスについて
サービスの流れ



離婚相談

離婚に向けての覚悟
離婚の手続き
離婚における財産分与



事業立ち上げサポート

新会社法とは
法人の種類と区別



ルームシェアサポート

ルームシェアサポート
ルームシェアの注意点
契約の始まりから終わり



告発状・名誉毀損対策サービス

告訴状・告発状
名誉毀損罪



LGBT関連情報

公証人手数料
用語集
性同一性障害特例法
任意後見契約に関する法律



リンク集

関連リンク1
相互リンク1
士業リンク1


性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律
(趣旨)
第一条 この法律は、性同一性障害者に関する法令上の性別の取扱いの特例について定めるものとする。


(定義)
第二条 この法律において「性同一性障害者」とは、生物学的には性別が明らかであるにもかかわらず、心理的にはそれとは別の性別(以下「他の性別」という。)であるとの持続的な確信を持ち、かつ、自己を身体的及び社会的に他の性別に適合させようとする意思を有する者であって、そのことについてその診断を的確に行うために必要な知識及び経験を有する二人以上の医師の一般に認められている医学的知見に基づき行う診断が一致しているものをいう。


(性別の取扱いの変更の審判)
第三条 家庭裁判所は、性同一性障害者であって次の各号のいずれにも該当するものについて、その者の請求により、性別の取扱いの変更の審判をすることができる。
 一 二十歳以上であること。
 二 現に婚姻をしていないこと。
 三 現に子がいないこと。
 四 生殖腺がないこと又は生殖腺の機能を永続的に欠く状態にあること。
 五 その身体について他の性別に係る身体の性器に係る部分に近似する外観を備えていること。

2 前項の請求をするには、同項の性同一性障害者に係る前条の診断の結果並びに治療の経過及び結果その他の厚生労働省令で定める事項が記載された医師の診断書を提出しなければならない。


(性別の取扱いの変更の審判を受けた者に関する法令上の取扱い)
第四条 性別の取扱いの変更の審判を受けた者は、民法(明治二十九年法律第八十九号)その他の法令の規定の適用については、法律に別段の定めがある場合を除き、その性別につき他の性別に変わったものとみなす。

2 前項の規定は、法律に別段の定めがある場合を除き、性別の取扱いの変更の審判前に生じた身分関係及び権利義務に影響を及ぼすものではない。


(家事審判法の適用)
第五条 性別の取扱いの変更の審判は、家事審判法(昭和二十二年法律第百五十二号)の適用については、同法第九条第一項甲類に掲げる事項とみなす。


   附 則

(施行期日)
1 この法律は、公布の日から起算して一年を経過した日から施行する。


(検討)
2 性別の取扱いの変更の審判の請求をすることができる性同一性障害者の範囲その他性別の取扱いの変更の審判の制度については、この法律の施行後三年を目途として、この法律の施行の状況、性同一性障害者等を取り巻く社会的環境の変化等を勘案して検討が加えられ、必要があると認めるときは、その結果に基づいて所要の措置が講ぜられるものとする。


(性別の取扱いの変更の審判を受けた者に係る老齢基礎年金等の支給要件等の特例に関する措置)
3 国民年金法等の一部を改正する法律(昭和六十年法律第三十四号)附則第十二条第一項第四号及び他の法令の規定で同号を引用するものに規定する女子には、性別の取扱いの変更の審判を受けた者で当該性別の取扱いの変更の審判前において女子であったものを含むものとし、性別の取扱いの変更の審判を受けた者で第四条第一項の規定により女子に変わったものとみなされるものを含まないものとする。


(戸籍法の一部改正)
4 戸籍法(昭和二十二年法律第二百二十四号)の一部を次のように改正する。
 第二十条の三の次に次の一条を加える。
第二十条の四 性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律(平成十五年法律第百十一号)第三条第一項の規定による性別の取扱いの変更の審判があつた場合において、当該性別の取扱いの変更の審判を受けた者の戸籍に在る又は在つた者が他にあるときは、当該性別の取扱いの変更の審判を受けた者について新戸籍を編製する。




悩みを抱えている方、レインボーサポートネットまでご相談下さい。
行政書士には、法律上、守秘義務が課されております。
お問い合わせメールフォーム




レインボーサポートネットでは、LGBT当事者の皆様のご相談に幅広く対応するため、福岡市中央区の薬院駅付近に『相談センター』を設置しております。
事前の予約が必要になりますが、相談料は、「1回1時間以内:5,250円」となります。
なお、完全予約制にて対応させて頂いております。先着順となっておりますので、相談センターでのご相談をご希望される場合にはお早めにお問い合わせ下さい。
相談センターは普通のテナントビルの一室にあり、レインボーサポートネットの表示はしておりませんので、相談センターに出入りすることで、LGBT当事者であることを付近の人や通行人に知られる恐れはありません。どうぞ安心してご来場下さい。
相談センターの詳しい場所は、ご予約の際にお教え致します。薬院駅から徒歩2分の距離です。
相談センターでの面談予約は電話またはメールでどうぞ。



大きな地図で見る



パートナーを守る準備

セクシャルマイノリティ法務支援専門団体。
LGBTの権利擁護に必要な書類の作成、行政手続の代理、相談、官公庁・企業などでのLGBTセミナー講師などを行っている。
福岡・大阪・京都を拠点に、面談・メール・電話による相談を行うと共に、起業支援やLGBTビジネスに必要な許認可のサポートなども幅広く行い、IT系LGBT関連企業顧問なども務める。


セミナー・講演
各種団体・企業からのご依頼により、セクシャルマイノリティに関するセミナー・講演の講師を派遣致します。組合員・会員・社員への啓発活動を支援するサービスです。


パートナー契約サポート
「愛する人と結婚したい」とお考えのセクシャルマイノリティカップルのための「パートナー契約」に関するサポートサービスです。
今の、そしてこれからのお二人のための契約書を作成しませんか。

遺言書作成支援
将来のトラブルを回避するための遺言書作成支援サービスです。
パートナーに財産を残したいとお考えのセクシャルマイノリティの方を支援いたしております。また、公正証書遺言の証人の引き受けも承っております。

任意後見契約書作成
将来の不安を解消するための方法として、パートナーとの間で任意後見契約を結びたいとお考えのLGBTの方々のために、任意後見契約書の原案を作成・提案するサービスです。

養子縁組サポート
セクシャルマイノリティの方の養子縁組手続きを支援いたしております。
また、養子縁組に付随して考えるべき問題となる「相続」に関してのご相談も承っております。

同性カップル相談
セクシャルマイノリティカップル間のお悩み・トラブルを解決するためのサービスです。
悩み解消の方法・解決策を提案致します。

カミングアウト支援
周囲の人にうまくカミングアウトするにはどうしたらいいの??
カミングアウトのための手紙作成のサポートを承っております。

ルームシェアサポート
ルームシェアをお考えのセクシャルマイノリティの方々を支援するサービスです。
パートナーやルームメイトと共同でお部屋を借りる場合の二人の間の取り決めなどを文書にするサービスを行っております。

告発状・名誉棄損対策
職場、学校で名誉を傷つけられたというセクシャルマイノリティの方々を支援するサービスです。
※行政書士業務の範囲外のものにつきましては、他の専門家をご紹介いたします。

事業立ち上げ支援
カフェやバーを開きたいなど、新規ビジネス立ち上げをお考えのセクシャルマイノリティの方を支援いたしております。専門家が各種法人設立手続きをサポート致します。
※行政書士業務の範囲外のものにつきましては、他の専門家をご紹介いたします。

その他、上記に当てはまらないものに関しましてはご相談をお伺いした上で対応させていただきますので、まずはお気軽にご相談下さい。
行政書士には、法律上、守秘義務が課されております。

用語集(解説) プライバシーポリシー 関連リンク トップページ お問い合わせ
Copyright (c) 2007 レインボーサポートネット All Rights Reserved.