セクシャルマイノリティ、同性愛者、LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー(性同一性障害(FTM,MTF))の法務相談

レインボーサポートネットTOP
料金・報酬額
RSNメンバー
お問い合わせメールフォーム


レインボーサポートネットより

悩みごとがある方へ
悩み・トラブル・不安
パートナーを守るために
RSN紹介・メンバー
料金(報酬額)のご案内
メールフォーム
プライバシーポリシー



パートナー契約サポート

パートナー契約
パートナー契約の必要性
パートナー契約書の作成
パートナー契約の内容
公正証書とは
契約の始まりから終わり
介護や療養看護の条項



養子縁組サポート

養子縁組の形・要件・効果
メリット・デメリット



遺言書作成サービス

パートナーのための遺言書
遺言の基礎知識
公正証書遺言とは
遺留分にご注意



カミングアウト支援

支援サービスについて
サービスの流れ



離婚相談

離婚に向けての覚悟
離婚の手続き
離婚における財産分与



事業立ち上げサポート

新会社法とは
法人の種類と区別



ルームシェアサポート

ルームシェアサポート
ルームシェアの注意点
契約の始まりから終わり



告発状・名誉毀損対策サービス

告訴状・告発状
名誉毀損罪



LGBT関連情報

公証人手数料
用語集
性同一性障害特例法
任意後見契約に関する法律



リンク集

関連リンク1
相互リンク1
士業リンク1


任意後見契約に関する法律

(趣旨)
第一条  この法律は、任意後見契約の方式、効力等に関し特別の定めをするとともに、任意後見人に対する監督に関し必要な事項を定めるものとする。


(定義)
第二条  この法律において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号の定めるところによる。
 一  任意後見契約 委任者が、受任者に対し、精神上の障害により事理を弁識する能力が不十分な状況における自己の生活、療養看護及び財産の管理に関する事務の全部又は一部を委託し、その委託に係る事務について代理権を付与する委任契約であって、第四条第一項の規定により任意後見監督人が選任された時からその効力を生ずる旨の定めのあるものをいう。
 二  本人 任意後見契約の委任者をいう。
 三  任意後見受任者 第四条第一項の規定により任意後見監督人が選任される前における任意後見契約の受任者をいう。
 四  任意後見人 第四条第一項の規定により任意後見監督人が選任された後における任意後見契約の受任者をいう。


(任意後見契約の方式)
第三条  任意後見契約は、法務省令で定める様式の公正証書によってしなければならない。


(任意後見監督人の選任)
第四条  任意後見契約が登記されている場合において、精神上の障害により本人の事理を弁識する能力が不十分な状況にあるときは、家庭裁判所は、本人、配偶者、四親等内の親族又は任意後見受任者の請求により、任意後見監督人を選任する。ただし、次に掲げる場合は、この限りでない。
 一  本人が未成年者であるとき。
 二  本人が成年被後見人、被保佐人又は被補助人である場合において、当該本人に係る後見、保佐又は補助を継続することが本人の利益のため特に必要であると認めるとき。
 三  任意後見受任者が次に掲げる者であるとき。
 イ 民法 (明治二十九年法律第八十九号)第八百四十七条 各号(第四号を除く。)に掲げる者
 ロ 本人に対して訴訟をし、又はした者及びその配偶者並びに直系血族
 ハ 不正な行為、著しい不行跡その他任意後見人の任務に適しない事由がある者

2  前項の規定により任意後見監督人を選任する場合において、本人が成年被後見人、被保佐人又は被補助人であるときは、家庭裁判所は、当該本人に係る後見開始、保佐開始又は補助開始の審判(以下「後見開始の審判等」と総称する。)を取り消さなければならない。

3  第一項の規定により本人以外の者の請求により任意後見監督人を選任するには、あらかじめ本人の同意がなければならない。ただし、本人がその意思を表示することができないときは、この限りでない。

4  任意後見監督人が欠けた場合には、家庭裁判所は、本人、その親族若しくは任意後見人の請求により、又は職権で、任意後見監督人を選任する。

5  任意後見監督人が選任されている場合においても、家庭裁判所は、必要があると認めるときは、前項に掲げる者の請求により、又は職権で、更に任意後見監督人を選任することができる。


(任意後見監督人の欠格事由)
第五条  任意後見受任者又は任意後見人の配偶者、直系血族及び兄弟姉妹は、任意後見監督人となることができない。


(本人の意思の尊重等)
第六条  任意後見人は、第二条第一号に規定する委託に係る事務(以下「任意後見人の事務」という。)を行うに当たっては、本人の意思を尊重し、かつ、その心身の状態及び生活の状況に配慮しなければならない。


(任意後見監督人の職務等)
第七条  任意後見監督人の職務は、次のとおりとする。
 一  任意後見人の事務を監督すること。
 二  任意後見人の事務に関し、家庭裁判所に定期的に報告をすること。
 三  急迫の事情がある場合に、任意後見人の代理権の範囲内において、必要な処分をすること。
 四  任意後見人又はその代表する者と本人との利益が相反する行為について本人を代表すること。

2  任意後見監督人は、いつでも、任意後見人に対し任意後見人の事務の報告を求め、又は任意後見人の事務若しくは本人の財産の状況を調査することができる。

3  家庭裁判所は、必要があると認めるときは、任意後見監督人に対し、任意後見人の事務に関する報告を求め、任意後見人の事務若しくは本人の財産の状況の調査を命じ、その他任意後見監督人の職務について必要な処分を命ずることができる。

4  民法第六百四十四条 、第六百五十四条、第六百五十五条、第八百四十三条第四項、第八百四十四条、第八百四十六条、第八百四十七条、第八百五十九条の二、第八百六十一条第二項及び第八百六十二条の規定は、任意後見監督人について準用する。


(任意後見人の解任)
第八条  任意後見人に不正な行為、著しい不行跡その他その任務に適しない事由があるときは、家庭裁判所は、任意後見監督人、本人、その親族又は検察官の請求により、任意後見人を解任することができる。


(任意後見契約の解除)
第九条  第四条第一項の規定により任意後見監督人が選任される前においては、本人又は任意後見受任者は、いつでも、公証人の認証を受けた書面によって、任意後見契約を解除することができる。

2  第四条第一項の規定により任意後見監督人が選任された後においては、本人又は任意後見人は、正当な事由がある場合に限り、家庭裁判所の許可を得て、任意後見契約を解除することができる。


(後見、保佐及び補助との関係)
第十条  任意後見契約が登記されている場合には、家庭裁判所は、本人の利益のため特に必要があると認めるときに限り、後見開始の審判等をすることができる。

2  前項の場合における後見開始の審判等の請求は、任意後見受任者、任意後見人又は任意後見監督人もすることができる。

3  第四条第一項の規定により任意後見監督人が選任された後において本人が後見開始の審判等を受けたときは、任意後見契約は終了する。


(任意後見人の代理権の消滅の対抗要件)
第十一条  任意後見人の代理権の消滅は、登記をしなければ、善意の第三者に対抗することができない。


(家事審判法 の適用)
第十二条  家事審判法 (昭和二十二年法律第百五十二号)の適用に関しては、第四条第一項、第四項及び第五項の規定による任意後見監督人の選任、同条第二項の規定による後見開始の審判等の取消し、第七条第三項の規定による報告の徴収、調査命令その他任意後見監督人の職務に関する処分、同条第四項において準用する民法第八百四十四条 、第八百四十六条、第八百五十九条の二第一項及び第二項並びに第八百六十二条の規定による任意後見監督人の辞任についての許可、任意後見監督人の解任、任意後見監督人が数人ある場合におけるその権限の行使についての定め及びその取消し並びに任意後見監督人に対する報酬の付与、第八条の規定による任意後見人の解任並びに第九条第二項の規定による任意後見契約の解除についての許可は、家事審判法第九条第一項 甲類に掲げる事項とみなす。


(最高裁判所規則)
第十三条  この法律に定めるもののほか、任意後見契約に関する審判の手続に関し必要な事項は、最高裁判所規則で定める。


   附 則

 この法律は、平成十二年四月一日から施行する。




悩みを抱えている方、レインボーサポートネットまでご相談下さい。
行政書士には、法律上、守秘義務が課されております。
お問い合わせメールフォーム




レインボーサポートネットでは、LGBT当事者の皆様のご相談に幅広く対応するため、福岡市中央区の薬院駅付近に『相談センター』を設置しております。
事前の予約が必要になりますが、相談料は、「1回1時間以内:5,250円」となります。
なお、完全予約制にて対応させて頂いております。先着順となっておりますので、相談センターでのご相談をご希望される場合にはお早めにお問い合わせ下さい。
相談センターは普通のテナントビルの一室にあり、レインボーサポートネットの表示はしておりませんので、相談センターに出入りすることで、LGBT当事者であることを付近の人や通行人に知られる恐れはありません。どうぞ安心してご来場下さい。
相談センターの詳しい場所は、ご予約の際にお教え致します。薬院駅から徒歩2分の距離です。
相談センターでの面談予約は電話またはメールでどうぞ。



大きな地図で見る



パートナーを守る準備

セクシャルマイノリティ法務支援専門団体。
LGBTの権利擁護に必要な書類の作成、行政手続の代理、相談、官公庁・企業などでのLGBTセミナー講師などを行っている。
福岡・大阪・京都を拠点に、面談・メール・電話による相談を行うと共に、起業支援やLGBTビジネスに必要な許認可のサポートなども幅広く行い、IT系LGBT関連企業顧問なども務める。


セミナー・講演
各種団体・企業からのご依頼により、セクシャルマイノリティに関するセミナー・講演の講師を派遣致します。組合員・会員・社員への啓発活動を支援するサービスです。


パートナー契約サポート
「愛する人と結婚したい」とお考えのセクシャルマイノリティカップルのための「パートナー契約」に関するサポートサービスです。
今の、そしてこれからのお二人のための契約書を作成しませんか。

遺言書作成支援
将来のトラブルを回避するための遺言書作成支援サービスです。
パートナーに財産を残したいとお考えのセクシャルマイノリティの方を支援いたしております。また、公正証書遺言の証人の引き受けも承っております。

任意後見契約書作成
将来の不安を解消するための方法として、パートナーとの間で任意後見契約を結びたいとお考えのLGBTの方々のために、任意後見契約書の原案を作成・提案するサービスです。

養子縁組サポート
セクシャルマイノリティの方の養子縁組手続きを支援いたしております。
また、養子縁組に付随して考えるべき問題となる「相続」に関してのご相談も承っております。

同性カップル相談
セクシャルマイノリティカップル間のお悩み・トラブルを解決するためのサービスです。
悩み解消の方法・解決策を提案致します。

カミングアウト支援
周囲の人にうまくカミングアウトするにはどうしたらいいの??
カミングアウトのための手紙作成のサポートを承っております。

ルームシェアサポート
ルームシェアをお考えのセクシャルマイノリティの方々を支援するサービスです。
パートナーやルームメイトと共同でお部屋を借りる場合の二人の間の取り決めなどを文書にするサービスを行っております。

告発状・名誉棄損対策
職場、学校で名誉を傷つけられたというセクシャルマイノリティの方々を支援するサービスです。
※行政書士業務の範囲外のものにつきましては、他の専門家をご紹介いたします。

事業立ち上げ支援
カフェやバーを開きたいなど、新規ビジネス立ち上げをお考えのセクシャルマイノリティの方を支援いたしております。専門家が各種法人設立手続きをサポート致します。
※行政書士業務の範囲外のものにつきましては、他の専門家をご紹介いたします。

その他、上記に当てはまらないものに関しましてはご相談をお伺いした上で対応させていただきますので、まずはお気軽にご相談下さい。
行政書士には、法律上、守秘義務が課されております。

用語集(解説) プライバシーポリシー 関連リンク トップページ お問い合わせ
Copyright (c) 2007 レインボーサポートネット All Rights Reserved.